カテゴリ「健康長寿社会」 ポスト「京」重点課題2 個別化・予防医療を支援する統合計算生命科学
 

研究成果(平成29年度)

論文

  1. Motoshi Kaya, Yoshiaki Tani, Takumi Washio, Toshiaki Hisada & Hideo Higuchi. Coordinated force generation of skeletal myosins in myofilaments through motor coupling. Nature Communications 8, 16036 (2017). doi:10.1038/ncomms16036
  2. Jun-ichi Okada, Takumi Washio, Machiko Nakagawa, Masahiro Watanabe, Yoshimasa Kadooka, Taro Kariya, Hiroshi Yamashita, Yoko Yamada, Shin-ichi Momomura, Ryozo Nagai, Toshiaki Hisada, Seiryo Sugiura. Multi-scale, tailor-made heart simulation can predict the effect of cardiac resynchronization therapy. J Mol Cell Cardiol. 2017 Jul;108:17-23. doi: 10.1016/j.yjmcc.2017.05.006. Epub 2017 May 11. (論文図はJMCC Vol.108の表紙を飾りました)
  3. L. Marucci, T. Washio, and T. Yanagida. Titin-mediated thick filament activation, through a mechanosensing mechanism, introduces sarcomere-length dependencies in mathematical models of rat trabecula and whole ventricle. Scientific Reports 7, Article number: 5546 (2017). doi:10.1038/s41598-017-05999-2

関連情報

口頭発表

発表者 題目 学会等名称
3/24宮野悟TBA第26回バイオフィジオロジー研究会シンポジウム
ホテル京阪京都グランデ(京都)
3/16Satoru MiyanoAccelerating Cancer Clinical Sequence by Artificial Intelligence and SupercomputerThe Human Genetics, Personalized Genomics and Epigenetics Conference
(Bahrain)
3/12Satoru MiyanoTBASecond International Interdisciplinary Faculty Forum of the University of Chicago and the University of Tokyo
University of Chicago(USA)
1/18or19Satoru MiyanoUnraveling Cancer Systems Disorders from Big Data by Supercomputers2018 8th International Conference on Bioscience, Biochemistry and Bioinformatics(ICBBB2018)
Meiji University(Tokyo)
12/21金田亮心筋アクトミオシンの粗視化分子モデル第3回数理物理・統計力学セミナ
東北大学(仙台)
12/8宮野悟Challenging Cancer Omics Big Data with Supercomputers2017年度生命科学系学会合同年次大会(ConBio2017)
神戸ポートアイランド(神戸)
11/30宮野悟Breaking Cancer Big Data with Supercomputers and Artificial Intelligence創立125周年・改組50周年記念国際シンポジウム
東大医科研講堂(東京)
11/8Satoru MiyanoCHALLENGES FOR COMPLEXIY OF CANCER BY SUPERCOMPUTER – FROM GENOME TO NETWORKThe 48th International Symposium of The Princess Takamatsu Cancer Research Fund Complexity in Cancer-host Crosstalk
Palace Hotel Tokyo(Tokyo)
10/12Satoru MiyanoChallenging Big Cancer Sequence Data by Supercomputer and Artificial IntelligenceThe International Science and Technology Center Scientific Workshop "DNA sequencing technologies and their application in practice"
Yerevan, Armenia
9/27宮野悟ゲノムデータ解析パイプラインGenomonとがん臨床シークエンス研究~スパコンと人工知能による加速~第6回生命医薬情報学連合大会
北海道大学大学院情報科学研究科棟(北海道)
9/Satoru MiyanoSupercomputer challenges for cancer genomics and TCR data analysisThe Cold Spring Harbor Asia conference on Precision Cancer Biology: From Targeted to Immune Therapies
Suzhou, China
9/18宮野悟人工知能がもたらす新時代の医療診断支援第17回抗加齢医学の実際2017
時事通信ホール(東京)
9/9宮野悟スパコンとWatsonで支援するがんの臨床シークエンスForum of Celgene Hematology/Oncology Progress 2017
ホテル椿山荘東京(東京)
8/23宮野悟スパコンとAIでがんのシステム異常を暴き出す—ゲノムからネットワークまで-第21回薬物動態談話会セミナー
セミナーハウス クロス・ウェーブ府中(東京)
8/1宮野悟AIとスパコンが拓く新生命科学―その端緒平成29年度京都バイオ計測センターシンポジウム
京都リサーチパーク4号館(京都)
7/21宮野悟人工知能とスパコンで牽引するがんの臨床シークエンス研究~不可能に直面したとき人は進化する~第141回小児血液・腫瘍・免疫懇話会
ホテルメトロポリタンエドモント(東京)
7/19Satoru MiyanoWhy AI is indispensable for biomedical research? – From a viewpoint of cancer genomic medicineThe Inaugural Academia Sinica Data Science Frontiers Workshop in Taipei
Auditorium, Institute of Information Science, Academia Sinica, Taipei
7/12鷲尾巧 連続体と分子モデルを繋いだ心拍動シミュレーション第2回CDMSI(ポスト「京」重点課題(7))研究会
7/10宮野悟人知の増強(AI)とがんのゲノム医療TM研究会2017年度第4回研究交流会
丸ビルホール&コンファレンススクエア(東京)
7/3宮野悟  京都大学大学院薬学研究科医薬創成情報科学専攻10周年記念シンポジウム
京都大学(京都)
6/30Satoru MiyanoCancer Clinical Sequence with Genomon and Watson for Genomics Using SupercomputersInternational Conference on Precision Cancer Medicine
Tokyo Medical and Dental University(Tokyo)
6/29鷲尾巧拍動する心臓のマルチスケールシミュレーション第二回数理物理・統計力学セミナ
東北大学(仙台)
6/24Satoshi Ii, Yoshiyuki Watanabe, Shigeo WadaUnsteady Cerebral Blood Flow Simulation Based on Feedback Control-Data Assimilation Method Using 4D PC-MRI Velocity FieldSummer Biomechanics, Bioengineering and Biotransport Conference 2017
Tucson, AZ, USA
6/24岡田純一心臓有限要素解析の医療・創薬への応用第31期非線形CAE勉強会「非線形CAEの新しい潮流」東京大学(東京)
6/23宮野悟がんの医療と研究を進化させる人工知能とスパコン~不可能に直面したとき人は進化する~読売テクノ・フォーラム第204回研究交流会
日本プレスセンター(東京)
6/14宮野悟医療と医学研究を進化させる人工知能第13回グレーター東大塾『人工知能技術の進歩と社会革新』第8回講座
東京大学本郷キャンパス(東京)
6/2宮野悟人工知能で拓く未来の医療第17回日本抗加齢医学会総会
東京国際フォーラム(東京)
6/1伊井仁志, 渡邉嘉之, 和田成生フィードバック制御に基づくデータ同化手法を用いた非定常血流解析第22回計算工学講演会
ソニックシティ(埼玉)
5/31宮野悟 
小川誠司
先端ゲノミクスによる癌の分子基盤の解明大正製薬第226回生命科学フォーラム
日本プレスセンター(東京)


受賞

名称 受賞者 テーマ 助成機関
11/132017年度武田医学賞小川 誠司成人T細胞白血病の分子基盤とがんの免疫回避に関わる新たなメカニズムに関する研究武田科学振興財団

「日」は、授与式日で記載。

Copyright © 2016 カテゴリ「健康長寿社会」 ポスト「京」重点課題2 個別化・予防医療を支援する統合計算生命科学