カテゴリ「健康長寿社会」 ポスト「京」重点課題2 個別化・予防医療を支援する統合計算生命科学
 

研究成果(平成30年度)

論文

  1. Tomoko Saito, Atsushi Niida, Ryutaro Uchi, et al.:A temporal shift of the evolutionary principle shaping intratumor heterogeneity in colorectal cancer, Nature Communications 9, 2884(2018).

口頭発表

月or日 発表者 題目 学会等名称
9/30久田俊明スパコンの中で拍動するあなたの心臓~心臓シミュレータUT-Heartによるテーラーメード医療~平成30年度一般向けスパコンセミナーもっと知りたくなるスパコンの世界~シミュレーションが創り、支える私たちの健康・医療~ (兵庫県神戸市)
9/20新井田厚司
(オーガナイザー)
医学・情報学融合研究が牽引するメディカルイノベーション生命医薬情報学連合大会(IIBMP2018)
9/9新井田厚司
(オーガナイザー)
データ科学から迫る生命医科学研究のフロンティア2018年度統計関連学会連合大会
9/8-12Satoshi Ito,Masaaki Yadome, Satoru MiyanoVirtual Grid Engine: A pseudo grid engine on MPI parallel environments17TH EUROPEAN CONFERENCE ON COMPUTATIONAL BIOLOGY
(Athens, Greece)
8/28宮野悟スパコンで暴き出すがんの複雑さSS研HPCフォーラム2018 次世代HPCの息吹 (東京都港区)
サイエンティフィック・システム研究会
7/31宮野悟がんゲノム研究最先端-スーパーコンピュータと人工知能ががん研究に必要な訳「創造性の育成塾」第13回夏合宿 (静岡県三島市)
7/26宮野悟AIとスパコンによる最先端のがん治療~がん患者は待てない~みどり会 (東京)
6/20Satoru Miyano (Prenary session)Revolutionizing Cancer Genomic Medicine by AI and Supercomputer with Big Data2018 Symposia on VLSI Technology and Circuits (HI, USA)
6/8宮野悟ゲノム解析の最前線、次世代のゲノム医療第28回がん臨床研究フォーラム (東京)
6/2宮野悟人工知能とスパコンでがんのシステム異常を暴き出し患者さんへCo-stimulators'Assembly (東京)
5/30宮野悟がんゲノム医療研究におけるAI/MLへの期待AML SUMMIT TOKYO (東京)
4/24Satoru Miyano (Plenary Speaker)Arrival of Oncologists Armed with AI-Powered Exoskeletons2018 8th International Conference on Biomedical Engineering and Technology (Bali, Indonesia)

受賞

名称 受賞者 テーマ 助成機関
5/15紫綬褒章小川誠司腫瘍学研究
4/19奨励賞大谷智仁脳動脈瘤コイル塞栓術の患者別診断・治療支援にむけた計算力学フレームワークの構築の研究日本機械学会
4/17平成30年度科学技術分野の文部科学大臣表彰 科学技術賞(研究部門)杉浦清了(代表)心臓シミュレータによる臨床研究文部科学省

「日」は、受賞日以外にも授与式日や伝達式日で記載する場合あり。

書籍等掲載

名称 題目 執筆者
4/10遺伝子医学MOOK33号多領域シーケンスとがんの進化シミュレーション-大腸がんの腫瘍内不均一性の解析を例に-新井田厚司
Copyright © 2016 カテゴリ「健康長寿社会」 ポスト「京」重点課題2 個別化・予防医療を支援する統合計算生命科学